6月
4
2012

超便利!最新の関連文献のフィードからdropboxに放り込むまで

たまにはね、まともな記事を。

今から紹介する方法、すごく便利です。

便利すぎて論文読むのが楽しくなって手動かさなくなるのが最大のデメリット。

世の中への貢献(インパクト)の極大値を目指して各パラメータを各自調整してください。

とりあえず、ざーっと10分程度でフィード自動取り込み環境を構築してみましょう。

あとのチューニングは各自でね。


medium_4629040252

できるようになること

1.大量にある雑誌で発行される最新関連文献を完全自動でお知らせ

2.キーを一回押すだけでpdf掲載ページが開く

3.dropboxでどこでも文献が読める環境

 

文献整理は後程紹介しますが、それ以前に自分の興味のある分野の最新文献を、いちいち手動で検索するのって手間がかかりますよね。

テーマがひとつふたつならまだしも、3つ4つと増えてくとまぁ大変。

学生への参考文献を探すとなるとまたまた大変。

着目する研究者のキャッチアップや、過去の研究なども含めるとそれだけでメモリ不足に陥ります。

仕事スピードのボトルネックを文献検索・整理の段階にしているうちは、まだまだいかんです。

理想は自分の思考スピードがボトルネック。

もう作業は全部終わってるから他のアイデアなーい??ってひたすらせがまれてるのが、人間が構成する科学の限界なんでしょうかね。

はい、完全に余談でしたね。流れを見ましょう。

 

流れ

1-1 RSSの取得

こちらのページのSearch recent literature内に関連するキーワードを入力する。

例えば、cell and imagingと入力してEnterキーまたはRun Pipe。

しばらく(10秒くらいかかるかも)待つとフィード例がずらーっと表示されます。

RSSフィードを取得する。(Get as RSSを右クリックしてリンクアドレスをコピー)

注:個人(Mitchさん)が作成したもので完璧な動作は期待しないでね。

Image 14

 

1-2 Google Readerに登録

 

ご存知Google Readerにフィードを登録します。

Image 12

これでRSS登録はお終い。

フィード名はへんちくりんなのでお好みで変更してください。

ハブとなるキーワードを軸にRSS設定したものをフォルダにしておくとテーマごとのフィードがまとめて表示されて便利です。

Image 15

 

2-1 スターをつける

 

フィードの取扱いは各自様々あるかと思いますが、

私の場合は、通勤時間がながーいので車中で取捨選択しています。

具体的には、iphoneでsylfeed(RSSクライアント)を使い、

必要な文献にスターをつける。

 

sylfeed関連は機会があれば書くとして、スターをつけるメリットは職場で必要文献の掲載ページをサクっと開ける、という点につきます。

Reederの方が有名どころかと思いますが、両方使用してみて地下鉄時間の多い私にとってオフライン作業に強いSylfeedに軍配が上がりました。

 

以下詳細。

 

2-2 O(おー)ボタンで楽々処理

 

一日に100件もフィード見て、読んでみたい文献10個スターつけて、それをいちいちクリックして開く、という作業をいかに楽にするか。

そこで活躍するのがGoogle Reader Star Opener (chrome用)です。

このOボタン楽々技はfirefoxかchromeでしか確認してません。

スターオープナーを導入すると、

大量に並んだスターの元ページを、Oボタンを押すだけで一気に開いてくれます。

地味に便利な機能なのでおすすめですよ。

Image 16

 

3-1 pdfはdropboxへ

 

こうして読みたい文献のpdfページが開けます。

保存先はもちろんdropbox。

電車内でiPad開いてGoodReader(神アプリ)でぶいぶい読んで、

メモやライン引きながら本当に必要な論文を見極めます。

必要と判定したものはその場で必要文献フォルダへ。

自分の場合はSugarSync(こちらから無料登録で2GBに加えて+500MB)を最終文献置き場としています。

dropbox→SugarSyncもGoodReaderで楽々移動。

 

 

終わり

 

以上が私の受動的情報収集法のまとめです。

自分のテリトリーに関係する文献情報が雨あられのように降り注ぎます。

キーワード量や組み合わせを調整して仕事効率が最大になるような雨量に調整してください。

でないと、文献読んであー楽しい、の頭でっかちさん(こないだボスに言われた)になってしまいます。

 

いちいち雑誌のRSSフィード取り込むのもなぁ、

web of scienceのRSSあんましだなぁ、

pipesでカスタマイズできるけど、大量の雑誌のRSS入力するのもなぁ、

とないものねだりをしていて築いた暫定解決法。

特にpipesをつくってくれたMitchさんは全力でお礼をいいたい所存でございます。

 

みなさんの研究ライフにお役に立てればと思います。

 

photo credit: mattlingard via photo pin cc





Leave a comment

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

google link

Popular Posts

Recent Posts

  • なぜか嫁絶賛 (2019.07.20)
  • 復活 (2017.07.20)
  • 婚活、朝活、毛活 (2017.01.15)
  • 素肌レシピ (2015.08.18)
  • 妊娠線ケア (2015.05.13)

リンク集